社員がその能力を発揮し、仕事と子育てや介護を両立させ、働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。厳しい経営環境の中ではあるが、もう一度原点に帰り見直していき、若い人が留まりやすい環境を作っていく

1. 計画期間

令和4年2月1日~令和6年1月31日

2. 内容

目標1

子育て及び介護支援制度の周知・徹底と家庭問題等相談口を充実する。男性も子育て支援をしやすい環境づくりをする。分野ごとに達成度にばらつきがあるので努力する。(建設部門、製造部門、運輸部門)

≪対策≫

〇令和4年2月~
・仕事と家庭の両立を含めた家庭問題相談窓口の充実と担当者の研修の充実をはかる。
・要介護の人をかかえた社員、子育て支援の対象となる社員の共働きの状況の把握等も含めた把握をする。

〇令和4年4月~
・男性が子育て支援をしやすいような雰囲気づくりをする。
・社員一人一人と経営者との懇談会を4カ月に一度程度実施していく。

目標2

妊娠中や産休・育休復帰後の女性社員のための相談窓口をもっと充実していく。
休みをとりやすい、復帰のしやすい雰囲気づくりをする。

≪対策≫

〇令和4年2月~
・相談員の研修をもっと積極的に受け充実する

〇令和4年4月~
・育児休業中の支援体制(代替要員の確保教育、相談員の派遣等)

 〇令和4年5月~
・育児休業者の復帰プログラムの作成および必要に応じた教育の実施

目標3

子どもの出産時に父親が取得できる休暇制度を2日としており、かなり浸透はしてきていたが人手不足の中、休みやすい環境作りをする。

≪対策≫

〇令和4年2月~
・該当可能性のある者の事前把握
・該当者に個別に促進を促しているが、確実にしていく。
・慶弔事を社員全体でわかりやすいように掲示等を行う。

目標4

子どもの学校行事への参加のため休暇制度の導入。

≪対策≫

〇令和4年2月~
・社内で該当年代に学校行事参加について意見聴取をする。   (参観日、体育行事、相談日等、対象年代の確定)

〇令和4年3月~
・実施。