耐震技術の導入

「特定非営利活動法人 住まいの構造改革推進協会」から、実績のある「耐震」の技術を導入しました。

耐震
「浜村に任せておけば大丈夫」積み重ねてきたのは信用です
耐震
実績ある『耐震』技術の導入で強い建物を建てる。
建物には生活と命を守るという絶対的な役目があるから。

浜村建設が地震に強い家作り、『住まいの構造改革推進協議会』の特定非営利活動法人正会員No.2-0516に認定されました。

特定非営利活動法人 住まいの構造改革推進協会」のホームページ

「耐震」・「免震」・「制震」と様々な地震に対する言葉がコマーシャルなどで聞こえてきます。
もちろんお客様が違いをご理解いただき、きちんとした知識を持っていただければ最良だと思いますが、なかなか難しいですよね。通常目に見える部分ではありませんし、「もし地震が起こったら」と言うネガティブな動機であるため、興味が持てない部分であると思います。

当社では、「特定非営利活動法人 住まいの構造改革推進協会」から、実績のある「耐震」の技術を導入しました。新築に対する「耐震」はもちろん、リフォームに伴い「耐震」を希望されるお客様のニーズにしっかり対応いたします。
日常において、「耐震」で得られる一番の価値は「イザと言うときの安心感」であると考えます。当社は50年の歴史で培った信用があります。「耐震」は表から見えないからこそ信用が大事なのではないでしょうか。

「浜村建設に任せておけば大丈夫」、こんな信用を積み重ねて来ました。実績のある技術を、信頼のある企業で施工することが本当の「安心」につながるのだと思います。

特に1981年(昭和56年)に新耐震基準施行令改正が行われましたが、これ以前に建てられた住宅は、どこかしら問題がある物件が多いと思われます。当時の基準では問題ありませんが、今の基準から判断すると甘い基準なのです。このような事は建築だけでなく、様々な分野において当てはまるのではないでしょうか。耐震診断だけでもお受けされることをおススメいたします。

お住まいの総合評価提出例

お届けする資料